ダイエット中でも高カロリー食品を食べられる

ダイエット時に摂取する食事の常識として、カレーライスやアイスクリームなど高カロリーの食べ物は取らないということが挙げられます。というのは、体重を落とすためには摂取カロリーを消費カロリーよりも少なくしないといけないからです。摂取カロリーを収入、消費カロリーを借金、贅肉を貯金と置き換えるとわかりやすくなりますが、収入よりも借金が多くなり、貯蓄があるのであれば、当然、返済は貯蓄から出ていくことになります。ダイエットの最終目標は、その貯蓄を全部なくすことなので、収入を出来るだけ少なくした方が貯蓄を使いやすくなって、目的を達成しやすくなるわけです。なので、低収入である低カロリーの食事をとり続けるようにした方がいいのです。
ただ、カレーライスやアイスクリームを一切摂取してはいけないかというと、そんなことはありません。ダイエットで一番怖いのは、なかなか体重が減らず、気持ちが折れてしまってどうでもいいと考えてしまうことです。毎日、ずっと食事を制限して頑張っているという場合に、気持ちが折れてしまうことが多いです。なので、気晴らしに一週間に一度、好きな物を食べるという日を設けるといいのです。一週間に一度、カレーライスやアイスクリームを食べたところで、一気にリバウンドするということはあり得ません。カレーライスは重量があるので、食べてからすぐに体重を量れば1キロぐらい増えてしまうこともありますが、翌日の朝になれば、元の体重に戻っているはずです。アイスクリームは高カロリーですが、それは量に比べるとカロリーが高いということであり、スーパーやコンビニで売られているカップアイスのカロリーは200から300程度なので、一つ食べたところで一気に体重が増えることはありません。